ジャムウってなんだろう?

 BaliQueでは、ジャムウの石鹸、ジャムウスティック、ジャムウコスメなども取り扱っているのですが、そもそも「ジャムウ」ってなんなんでしょうか?

ジャムウはカンタンに言えば、インドネシア版漢方薬。植物の葉や種、花びら、根、樹皮、果実などを原料としていて、インドの古代医学アーユルヴェーダが元になっていると言われています。

ジャムウの種類は風邪薬や頭痛薬などの病気治療を目的としたものから、健康維持や体力増強、痩身、豊胸などかぞえきれないほど。
バリ島では、夕方になるとたくさんのジャムウの屋台やお店が出て、お客さんの症状にあったジャムウを作ってくれるんですよ。

↓お店の壁にズラッと並ぶジャムウの数々

↓ジャムウ屋さんのカウンター メニューもあります!

カウンターのスタッフに、「ちょっとどこどこの調子が悪いんだよね〜」と症状を告げると、数あるジャムウから選び出し、その場で作ってくれます。オプションで生卵を入れたりもできます。



右側が、ジャムウ、小さいグラスがお口直し
そしてさらにお口直しの飴まで!!

つまり、ジャムウってまずい・・・・。

こういうお店の他にもジャムウゲンドンと言って、
ジャムウの液体が入ったボトルをカゴに入れて背負って売り歩いているおばちゃんもいます。最近バイクで売ってることも多いですね。

ジャムウはこういった飲むものだけではなく、
外用のものいっぱいあります。


バリの家庭には必ず1本あるというベストセラージャムウ。
切り傷、擦り傷、虫さされ、湿疹、火傷などの皮膚のトラブルをはじめ、筋肉痛、関節痛、歯痛、疲労回復、体臭予防となんでもござれ!
日本のEM技術が取り入れられているというのもなんだか親しみがわくんですよね〜。

そして、ジャムウスティックジャムウソープと呼ばれる日本でも人気のコスメ。男性用の精力剤なども実はたくさんあります・・・。
しかし、インドネシアは性分化への規制が厳しく、これらの商品はほとんど店頭で公には売られていません。
たまーーーに、堂々と売られているお店を見かけたことがありますが、ほとんどは密かに売買されています。「旅行でバリ島に来たけど、どこで買えばいいのかわからなかった」というのはこのため・・・。

このように、様々な種類があるジャムウですが、
昔からインドネシアの人たちの生活に根付いているもので、
家庭でも作られたり、仕事の後に一杯引っ掛けたりと、とても身近な存在なのですよ。

あなたも身近に感じていただけたら、是非ジャムウを試してみませんか?

バリ島ナチュラルコスメとジャムウのオンラインショップ BaliQue

↓ブログランキング参加中です!応援クリックお願いします。↓
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ